アルトコインとは

投稿者: | 2020年8月1日

仮想通貨はビットコイン以外にも数千の仮想通貨が存在しています。

このビットコイン以外の仮想通貨(リップル、ライトコイン、イーサリアムなど)を総称して「アルトコイン」と呼びます。

アルトコインの特徴

アルトコインはビットコインと非常によく似ていますが、以下の特徴があります。

 アルトコインはマイニングが容易で安価。

ビットコインは2020年時点で最も人気があり、広く普及している仮想通貨です。

その為、ビットコイン市場は非常に競争が激しく、マイニングに時間がかかりすぎる等、初心者が参入するのは困難です。

一方、ほとんどのアルトコインはあまり人気がない為、マイニングが容易で取引価格も安価です。

 アルトコインそれぞれに異なるバックボーン、目的がある。

より速い決済を追求する目的で生まれた仮想通貨(ライトコイン)や、新しい送金の仕組みとして生まれた仮想通貨(リップル)等があります。

 アルトコインは様々なハッシュアルゴリズムを暗号技術に用いている。

多くのアルトコインはSHA-256ハッシュアルゴリズム(ビットコインが使用するハッシュアルゴリズム)を使用します。

他に人気のあるハッシュアルゴリズムはScrypt(Litecoinが使用するハッシュアルゴリズム)です。

他にも、特殊なハッシュアルゴリズム(X11、X13、X15、NIST5など)を使用するアルトコインがあります。

 アルトコインはその開発当時の最先端技術を用いて開発された。

ビットコインは最初の仮想通貨であるが故に完璧ではありません。

多くの人は仮想通貨市場が成長するにつれて、ビットコインが最初に設計および実装された時期からは予測不可能に近い問題や課題に気付き始めています。

多くのアルトコインは、ビットコインの将来と長期的な存続可能性について提起された懸念に対処するために開発されました。

アルトコインについてさらに学ぶ

数千ある各アルトコインのリアルタイムの取引価格、時価総額等を確認するにはCoinTickerがおすすめです。